Blog

あたらしいお墓の形、永代供養墓とは

自分が死んだら特にお墓は欲しくない、お墓にかける費用を安く抑えたい、子供に負担をかけたくない…そう思っている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にぴったりの永代供養墓についてご紹介します。

 

 

お墓をつくらないという選択肢

昨今は「特に死後お墓は必要無い」とお考えの方も多くなってきたように思います。お墓にかけるコストを安く抑えたいという方もいらしゃるでしょう。そんな方々の選択肢のひとつに「永代供養墓」の利用というものがあります。

 

永代供養墓とは

永代供養墓とはひとつの大きなお墓(お墓というよりも建物)に家族単位ではなく、施設単位で遺骨を合葬してしまう方法で、かかるコストは一回きりの利用料のみです。しかも霊園の永代使用料よりもはるかに安価に価格が設定されています。

さらに遺骨は霊園の管理者が永代に渡って管理・供養を行ってくれるので子供がいない、お墓を管理してくれる人がいないという人にはもってこいと言えます。多くの永代供養は生前での予約も可能です。

多くの民間墓地には永代供養墓があり、利用が可能ですし、那覇市、浦添市では公営の永代供養墓が存在します。

 

永代供養墓を利用する際の注意点

永代供養墓では合葬室に遺骨を一度納めてしまうと原則取り出しができないので注意が必要です(直接合葬室に入ることもできません)。もしも一時的に遺骨を預けて、しかるべき時期が来たらお墓を作りたいという場合は、寺院墓地や民間墓地の納骨堂を使いましょう。 いきなり合葬されるのに抵抗がある、という方もいるかもしれません。霊園によっては1年間は遺骨を納骨堂に安置できたり、納骨壇というロッカーのような場所に一定期間収納して、その後合葬されるサービスも存在します。このあたりは各霊園で対応が異なるので確認してみてください。霊園によっては数年間使える「期限付き墓」に遺骨を納めて、一定期間後に永代供養にシフトするというサービスもあるようです。

 

お墓は必ずしも必要ではない

「永代供養」という概念はまだ沖縄ではそこまで普及していないように思えます。しかし、最近は個人墓地も取得が制限されはじめ、公営墓地は満杯、寺院墓地・民間墓地もすでに区画が無い所もあり、沖縄の墓地事情は厳しくなっています。そんな中で必ずしもお墓を建てることが正解ではないと思います。永代供養という選択肢も考慮にいれてお墓選びをすると良いと思います。