Blog

カジマヤー

沖縄ではカジマヤーと呼ばれる97歳の長寿のお祝いがあります。人はこの年齢になると子供に還るといわれ、風車(カジマヤー)を持って集落内をパレードします。長寿をお祝いし、長寿にあやかる、沖縄独自の文化カジマヤーとはどのような風習でしょうか。

 

 

カジマヤーとは

カジマヤーは漢字で風車、風車祭と表記し、沖縄地方で行われる数え年97歳(満96歳)の長寿の祝いです。沖縄ではトゥシビーと呼ばれる生年祝いを大切にする風習があり、カジマヤーは8回目のトゥシビーでトゥシビーの中で最も盛大にお祝いします。

太陽暦(365日/年)における97年は太陰暦(354日/年)の100年に相当し、沖縄ではこの年齢になると人は天の神に守られ子供のように純粋になって童心に還ると言われることから、玩具である風車(カジマヤー)を持って集落内を華やかにパレードします。

 

カジマヤーが行われる時期

カジマヤー行われる時期は、97歳にあやかり毎年旧暦の9月7日になります。地域によっては旧正月が明けて初めてのその年の干支の火や新正月にお祝いをすることもあるようです。

 

パレード

カジマヤーの当日は主役に風車を持たせて、風車で飾られたオープンカーで「風のカジマヤー」を流しながら集落をパレードをします。七辻、七橋を通るのがしきたりで、一度通った道は通りません。衣装も華やかで、首里王朝時代はその年を迎えたことは王様と同じ尊厳が与えられるとされ、その日だけきらびやかな衣装が許されたそう。現在は女性は85歳・88歳のお祝い時に着用した青・黄色の紅型の上に赤の打掛を羽織り、男性は頭巾にちゃんちゃんこが定番になっています。

オープンカーでのパレードが始まると、子や孫など親族だけではなく、長寿にあやかろうと地域の人たちも集まり、お祝いの言葉をかけたり握手を求めたりと盛大に祝福します。離島では島ぐるみで学校の鼓笛隊の演奏なども行われることがあります。

 

模擬葬礼としての一面も

現代ではお祝いとしての意味合いが強いカジマヤーですが、明治時代頃までは模擬葬礼であり、死に装束を着せて集落の7つの四辻(カジマヤー)を通り、お墓まで連れて行ったという記録も残されています。

日本本土でも60歳の還暦には赤いちゃんちゃんこを身にまといますが、十干と十二支を組み合わせた干支が一巡することで「生まれ直し」の意味があるとされています。カジマヤーも子供に還る、一度模擬葬礼を経て生まれ変わる、といった意味づけもあるのだと思われます。

 

カジマヤーを迎える家庭では

家庭では9升9合のお米に9本の風車を刺し、その横に酒と盃、酢昆布を準備します。来賓は盃を受け、風車と酢昆布をお土産としてもらいます。最近は家庭ではなく主役の体調などを鑑みてホテル会場で祝う家庭も増えています。

当日の朝はヒヌカンとお仏壇へのお供えと感謝を捧げることも忘れずに行いましょう。